【保存版】プーケット・ピピ島への持ち物まとめ

ピピ島のツアーに向いているおすすめの服装!日焼け止めと水着は必須!

  • ピピ島のツアーってどんな服装が良いの?
  • ピピ島ツアーのおすすめな服装を知りたい!
  • 日焼け止めなどは必須?

 

この記事では、ピピ島のツアーに向いているおすすめの服装をご紹介します!

 

 

結論から言うと、ピピ島のベストシーズンは日差しが強いです!

 

  • 水着
  • 汚れても良いTシャツ・ショートパンツ
  • サンダル
  • 日焼け止め
  • サングラス

 

さえあれば十分に満喫できますよ!

 

 

ちなみに、格安でタイに行きたい場合はskyscanner(スカイスキャナー)がおすすめ!



航空券の比較サイトとなっており、スカイスキャナーを使えばタイ行きの格安航空券を簡単に調べることができます!

スカイスキャナーで格安航空券を
イッキにイッキに調べる!


ピピ島のツアーは“基本的”に日差しをモロに受ける!

 

ピピ島のツアーで人気なのが、「ダイビングツアー」とピピ諸島をスピードボートで巡る「アイランドホッピングツアー」の2種類。

 

僕はアイランドホッピングに参加したのですが、船で島々を巡るので基本的に日差しをモロに受ける時間帯が多いです。

 

なのでダイレクトに日差しを受けないための服装選びも重要になってきます。

 

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装

 

ここからは、ピピ島のツアーにおすすめの服装をご紹介します。

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装①「ザ・ノース・フェイス」ホライズンハット

 

 

ザ・ノース・フェイスのホライズンハットです。僕もホライズンハットを持ってピピ島に行きましたが、ノースフェイスのハットは通気性抜群。

 

紫外線や雨も避けられ、カラーバリエーションも豊富なので、普段のタウンユースとしても利用することができますよ。

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装②(イジピジ) IZIPIZI (See Concept) サングラス

 

 

(イジピジ) IZIPIZIの (See Concept) サングラスは僕も持っており、おすすめです!

 

マット素材なので汚れにも強く、柔軟な作り。何より値段が安くてファッション性も高いところがツボです!

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装③GOOD WEAR グッドウェア 7.2oz HEAVY WEIGHT POCKET TEE

 

 

GOOD WEAR(グッドウェア)の7.2oz(オンス)もあるヘビーウェイトのポケットTシャツ。

 

厚めの記事ですが頑丈な作りになっているので透けることもないです。

 

胸ポケット付きなので、サングラスなども収納できるところが便利ですね。

 

グッドウェアでなくても、胸ポケットのあるTシャツはマストです!

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装④ハーフパンツ 水陸両用

 

 

ひざ上デザインなので、かなりファッショナブルなハーフパンツとなっています。

 

水陸両用の水着なので、濡れてもOK。ピピ島周辺をそのまま水着でぶらぶらするなんてこともできちゃいます。

 

色も豊富で、女性も普段着の延長で着用することもできます。

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装⑤[ビルケンシュトック] サンダル アリゾナ EVA

 

 

サンダルもピピ島のツアーに必須といっていいでしょう。

 

基本的に濡れるので、乾きやすい素材を使用したビーチサンダルがおすすめ。

 

かといって安すぎるとすぐに壊れてしまうし、高いサンダルだと盗難されたり無くした場合のショックがでかい。

 

なので、お値段も手頃で人気のあるビルケンのサンダルが良いですよ!

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装⑥[カシオ]casio G-SHOCK

 

 

防水時計も持っておくのもおすすめ。僕はG-shock miniとdolphinモデルを持って行きました。

 

アイランドホッピングでは途中、バンブー島などで海水浴をすることができます。

 

時間が限られているので、防水ウォッチは活躍しますよ!

 

ピピ島のツアーにおすすめの服装⑦ 防水ドライバッグ

 

 

防水ドライバッグも大活躍すること間違いなし。ピピ島でも売っており、値段も千円ちょっとで買うことができるので、コスパはかなり良いです。

 

まとめ

 

基本的にピピ島では遊ぶにしろのんびり過ごすにしろ、“濡れる”ことがほとんどです。

 

なので、濡れることを前提とした服装・小物を装備することがおすすめです。

 

あとは、高価な物を身につけないこと。万が一無くしてしまった場合の落ち込みを抑えることもできますからね笑

 

ぜひ、ピピ島の現地ツアーに関する服装の参考になれば幸いです!

 

ピピ島に行くならホテル宿泊でのんびり過ごそう♪

 

 

なお、ピピ島へはプーケットなどからの1日ツアーで行くこともできますが、個人的にはピピ島内のホテルで宿泊してのんびり過ごすのがおすすめ。

 

ホテル比較サイト「HotelsCombined」を利用すれば、世界225カ国・235,000のホテルから、最適な価格でホテルを選ぶことが出来ますよ!


【c】HotelsCombined HotelsCombinedを
詳しくチェック!


なお、このブログ「プーピピ 」はプーケット・ピピ島に特化したブログです。

 

それぞれの基本情報から遊び方・交通手段などをまとめていますのでぜひチェックしてくださいな!


タイのプーケットってどんな場所?はじめて行く人に向けたプーケット基本情報:パトンビーチのナイトクラブ

「プーケット」の記事一覧


歩きで行けちゃう!ピピ島のおすすめビーチ「ローダラムビーチ」

「ピピ島」の記事一覧 


まさき

応援よろしくお願いします!

ブログランキング参加中!参考になったらクリックお願いします!
⬇︎
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

 


タイ旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください