【保存版】プーケット・ピピ島への持ち物まとめ

プーケット・ピピ島でおすすめのショルダーバッグ・ポーチ・サコッシュはコレだ

プーケット・ピピ島でおすすめのショルダーバッグ・ポーチ・サコッシュはコレだのアイキャッチ

ピピお

プーケットやピピ島に海外旅行する際、リュックの方が良い??
リュック以外の持ち物でおすすめのバッグ・ポーチが知りたい!

ピピすけ

 

そんな疑問や不安にお答え!


もちろんリュックなどのバックパックでも良いですが、

いくら比較的に治安が良いプーケットやピピ島でも、リュックだと背中に背負うため、盗難の被害に遭う可能性は前に装着するショルダーバッグなどより高まる可能性があります。

 

そこでこの記事では、プーケット・ピピ島でおすすめの

  1. ショルダーバッグ
  2. ポーチ
  3. サコッシュ
をご紹介します!

 

ちなみに僕がプーケット・ピピ島に行った際に持っていったバッグは以下の通り!

 

プーケット・ピピ島におすすめのショルダーバッグ

Herschel SEVENTEEN (ハーシェル)のウエストバッグ

 

プーケット・ピピ島におすすめのポーチ

防水ポーチ PVC素材 3重チャック 完全防水 ウェストバッグ

 

プーケット・ピピ島旅行におすすめのサコッシュ

無印良品 撥水サコッシュ

 

正直、1つ2つで良かったですwww

ですがより良い情報を提供する為、この記事では上記のバッグと一緒に、Amazonなどでも評価の高いバッグをご紹介します!

 

おすすめ情報!
格安でタイに行きたい場合は、skyscanner(スカイスキャナー)がおすすめ!



航空券の比較サイトとなっており、スカイスキャナーを使えばタイ行きの格安航空券を簡単に調べることができます!

スカイスキャナーで格安航空券を
イッキにイッキに調べる!

 

 

プーケット・ピピ島でおすすめのショルダーバッグ

 

僕がプーケットやピピ島で過ごした際、基本的にはショルダーバッグとポーチが役に立ちました。

 

Herschel SEVENTEEN (ハーシェル)のウエストバッグ

 

このショルダーバッグは、ポケットが2つ。

 

一つは大きめのポケットで、

  • パスポート
  • 写ルンです(フィルムカメラ)
  • スマートフォン(iPhone 7)
  • 小型のガイドブック
  • 財布
  • 500mlペットボトル
が入りました。

 

Unigear 防水ドライバッグ

こちらはAmazonで星5つの高評価を得ている、ショルダーバッグ。

 

耐水性が高いナイロン生地でつくられており、防水機能あり。破れにくいところもグッドです。

 

また、柔らかい素材を採用しているので、コンパクトに折りたたむことができるとのこと。リュックやスーツケースに入れてもたいしたスペースを取られません。

 

値段も1500円を切るあたりが素晴らしい!

 

プーケット・ピピ島でおすすめのポーチ

 

ポーチに関しては、特に海などの水場が多いシーンやアイランドホッピングでの荷物管理に役立ちました!

 

防水ポーチ PVC素材 3重チャック 完全防水 ウェストバッグ

 

プーケットやピピ島と言ったらやっぱり海!ベストシーズンで行ったのに海に入らないなんて勿体無い!

という思いのもと、防水ポーチを購入。

 

こちらは3重に密閉チャックが付いているので、不良品でない限り徹底的に浸水を防いでいくれます。

 

また、

  • パスポート
  • スマホ
  • 小さな財布
  • 小型のガイドブック
  • 小型のフィルムカメラ
なども余裕で収納可能。

値段も安く、このポーチはかなりプーケットやピピ島で役に立ったので超おすすめです!

 

セキュリポ®︎ SECURIPO セキュリティポーチ

 

こちらはAmazonで星4.5を獲得しているポーチ。こちらは防水な上に、スキミング防止機能も備わっているとのこと!

 

さらに高収納でかさばらない設計なため、旅先でも大活躍しそうです!

 

プーケット・ピピ島でおすすめのサコッシュ

 

正直、サコッシュは無くても良いです!というのも、僕は初めての海外旅行だったのでどれくらい手持ちの荷物が必要なのか少々不安であったために、

 

“念のため+オシャレを少し楽しみたい”として持っていったまでです。

 

ですが、同じくそんな思いを持っている方がいるかもしれないのでご紹介します。

 

無印良品 撥水サコッシュ

いたってシンプルな設計で、中身にポケットはありません。ですが持ち運びには便利な印象を受けました。

 

容量はどれくらいかというと、意外と入るなという印象。最大積載量は1リットルとなっています。

 

小型のガイドブックや財布、カメラ・スマホ・パスポートも入りました!

 

BLUE SINCERE サコッシュバッグ

 

こちらはAmazonで4つ星のサコッシュ。主な機能は

  1. 防水・撥水
  2. リバーシブル
  3. 斜め掛け
  4. ポーチとしてもOK
  5. 軽量
  6. ポケット7つ
  7. B5サイズ収納可能
  8. 2Way仕様
  9. 登山・フェス・自転車にもGOOD
と、かなりの実用性を誇っており、水場の多いプーケットやピピ島においても頼りになりそうです。

 

まとめ

 

実際のところ3つもバッグは必要なく、防水機能を備えた少し大きめのバッグであればプーケットやピピ島においてかなり役に立つと思います。

 

大きな荷物は基本的にホテルに預けるので、身動きが楽な状態を維持できる大きさ、パスポートやスマホ、財布が余裕で入るくらいのバッグが理想的です。

 

海外でWi-Fi使うならイモトのWi-Fi!

なおピピ島ではWi-Fiスポットが多くありますが、それでも接続がうまくいかない場合などもあるので、必ずポケットWi-Fiを持っていくことをおすすめします!

 

イモトのWi-Fiであれば、タイ・ピピ島でも使用可能!自動翻訳機「ポケトーク」レンタル付きのプランなど、幅広いプランがあるので要チェックです!

イモトのWi-Fiのプランを見る

 

他の「タイブログ」も見たい人はコチラ!
⬇︎
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください